あたらしい党

あたらしい党 東京都三鷹市

大森 大

元気モリモリ!!

  • 古家としみつ
  • 上から読んでも下から読んでも大森大です!!

    国立埼玉大学経済学部社会環境設計科卒業/日本政策学校9期生/特定非営利活動法人imitata代表理事/介護福祉士/地域福祉ファシリテーター養成講座9期生

    複雑な家庭に育った為に、進学はせずに高校卒業と同時に社会人となり一人暮らしを始める。後に、老人介護施設で介護福祉士として働きながら30代で大学に進学。
    現在は、三鷹市内で子ども食堂の運営や多世代交流の場の運営などに携わっている。

    twitter facebook アメブロ

  • 市民だれもが財政をチェックできるようにします! 市民だれもが事業仕分けを行えるように十分な情報公開を行い、その情報に誰もがアクセスしやすいように、市のホームページの改善を提言していきます。

  • 皆さまの思いを代弁します! 皆さまから一般質問や代表質問の質問案を常時募集し、毎回一定数代弁することで、皆さまの思いを積極的に議会に届けます。

  • 介護福祉士の目線で高齢者と地域をつなげます! 高齢者には『きょういく(今日行くところ)』と『きょうよう(今日の用事)』が必要だと言われています。介護福祉士の目線で、高齢者の力を活かせる町づくりを目指します。

  • 最新技術を活用することで、福祉の充実を目指します! 最新技術の活用や福祉の充実を図ることで、高齢化社会の諸課題に取り組みます。

  • だれもがつながり孤立化を防ぎます! 「こども食堂」など住民参加型の助け合いの充実の他、様々な問題で悩む人がアクセスしやすい相談窓口を増やし、孤立化を防ぎます。

私は介護福祉士として働く傍ら、子ども食堂などの運営をしてきました。
そこで出会った多くの人が共通して「将来への不安」を感じていたのです。

どの年代の方も「明るい未来」を想像できずにいるのです。
迫る増税などで行政が肥大化する反面、福祉の充実は後回しでは、益々市民の不安は増していきます。

それは、適正な情報公開がなされず、一部の既得権益が守られていることが原因ではないでしょうか。
私は介護福祉士、ボランティア活動経験を活かし、広く情報公開を行い、不安を抱える人と同じ目線で三鷹市政を変えていきたいと思います。

ご支援 お問い合わせ