あたらしい党

2019.04.13

ありがとうございます ~~私の原点~

先日、東京大学の入学式が行われたようです。そこで読まれた同大名誉教授の上野千鶴子さんの祝辞が話題になっているそうです。

(こちらに全文が記載されています)

https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/tokyo-uni

その中の一部・・

『「世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひとたちがいます。がんばる前から、『しょせんおまえなんか』『どうせわたしなんて』とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます」

「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください」と訴えた。』

これは私にとってタイムリーな内容でとても考えさせられました。

私の育った環境はお世辞にも良いものとは言えない環境で、私は幼少期から思春期にかけてずっと劣等感に苛まれておりました。

祝辞のこの部分・・

がんばる前から、『しょせんおまえなんか』『どうせわたしなんて』とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます

は、まさに当時の私を表しているようです。

私は実家にずっといるのが嫌で、大学受験はせずに高校卒業と同時に就職をして一人暮らしを始めました。

営業職でしたが、就職した会社は体育会系で、成績が悪いと怒鳴られたり、胸ぐらを掴まれたりするのは日常茶飯事でありました。

最初に暮らした街は学生街でしたので、残業から帰ってくると夜の街には同年代の大学生が青春を謳歌している姿が見られました。(その人たちもそれぞれに思い悩むことはあったのかもしれませんが・・)

その光景を見て、なぜ俺だけが・・

という気持ちが芽生え、しかしそれと同時に上記に書かれているように『どうせわたしなんて』という気持ちも芽生え、自分を納得させていました。俗に言う負け犬根性というやつですね・・

しかしその後、社会人経験を通して、様々な出会いがありました。

良い出会いばかりではありませんでしたが、とても良い出会いもあり、私は少しづつ前向きに生きる自信をつけていったのです。

そうすると、視野もどんどん広くなり、世の中には私と同じような苦しみを抱えている人や現在進行形で虐待を受けている子どもが数多くいることを知っていきます。

私は私が前向きに生きられるように力を与えてくれた人々の恩に報いるためにも、その人たちが私にしてくれたように今苦しんでいる人たちの力になりたいと思いました。

そして、児童虐待問題の講演や社会的養護に関する勉強会、そしてメンタルヘルスに関する講習などを受講してきました。

介護福祉士をしながら、時間の許す限りそういった講演になどに参加してきましたが、私はあることを疑問に思うようになりました。

それは・・

介護士として高齢者福祉に関する集まりなどに出席をすると、かなりの率で政治家(地元の地方議員)をお見かけするのに、児童虐待問題の講演などでは全く政治家の姿を見ないということです!!

なぜだろう?? と思いましたが、答えは簡単です。

高齢者の多くは投票に行きますが、子どもには選挙権がないからです!!

子どもを助ける活動をするより、高齢者に対する活動をしていた方が票になって当選しやすいからです。

これでは一向に児童虐待問題などは改善されないだろう?? 私はそう思いました。

それをきっかけとして、政治について深く勉強したいと思うようになりました。

その為にはもっと多くのことを学ばねばならない!! そう思い、私は一大決心をして30歳を過ぎてから大学受験をして埼玉大学に入学しました。

政治を勉強すればするほど、現代の政治は既得権益を守るために存在し、公共事業や格差を是正するわけでもないただのバラマキの福祉でドンドン行政が肥大化してしまっている現状を知っていきます。

そして、その肥大化した行政が残した借金、言うなればツケを払っていくのは下の世代、今の子どもたちです。

この現状もある意味、経済的な虐待とも言えます。

それでいて上記にも記したように、虐待問題など本当に手を貸してほしい子どもには目も向けない!!

こんな現状をなんとかしたいと思い。私は政治家を志すようになりました。

私は誰もが前向きに生きて、ちゃんとしたスタートラインに立てるような社会を実現したいと思っています。

そして、こちらのブログに書いたように・・

https://ameblo.jp/dai0495/entry-12411630027.html

社会的養護の問題で最初にお会いした政治家があたらしい党の音喜多代表であり、彼となら社会的養護の問題に共に取り組んでいけると思いあたらしい党から公認をもらいました。

音喜多代表を始め、あたらしい党のスタッフやメンバーには様々な面でお世話になりました。

そして、これまでの政治活動で多くのボランティアスタッフの方にもご協力いただきました。

そして、駅頭などでお声かけしてくださった方や、ポスターを貼らせてくださった方、そしてわざわざ政策レポートを見てメールを送ってくださった方。とても励みになりました。

私は自信が芽生えてきたと言っても、根底ではまだ自己嫌悪に陥る時があります。そんな私がここまでやってこれたのは皆様のおかげです。

ありがとうございました。

皆様の恩に報いるためにも私は最後まで走り抜き、そして社会の貢献できるように、困っている人に協力させていただけるように頑張りたいと思います。

今後共よろしくお願いします。