あたらしい党

2018.12.31

皆さん良いお年を 〜一枚の年賀状〜

朝のご挨拶をさせていただいている三鷹駅の南口には郵便ポストがあります。

出勤するときに郵便を出せるので、かなり便利な場所にあると思います。

それで、この数日見ていると、大量のハガキの束をポストに入れる方が何人もいらっしゃいます。

そう・・年賀状ですね。

ちなみに公職選挙法にはこうあります。

第147条の2(あいさつ状の禁止)
公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、 年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。

そうなんですよ。

選挙に出ようと考えている者は選挙区内の人に年賀状を出してはいけないのです。(来た年賀状に対して、返信をするのはありです。)

と言っても・・

今時、年賀状ってどれくらい出してますか?

私の知り合いの議員さんは、LINEなどを送るので、ここ数年は年賀状は書いてないと言っていました。

そうなんですよ。実は私もここ数年はたった一枚の年賀状以外は書いていないんです。

おそらくもう10年くらい、私は一枚の年賀状だけを送っています。その年賀状は私が小さい時からずっと送っているものです。

その相手は・・

幼稚園の時の保母さんです。現在は都外にお住まいです。

律儀にも私達が卒園した時からずっと年賀状を送ってくださっているので、その人にだけ毎年送っているのです。

30年以上も私たちのことを気にかけてくださっているということです。

そう思うとなんか嬉しいですね。

だから、毎年年末に年賀状を書くと、ほっこりとした気持ちになれます。

皆さんもよいお年を♪